「代官山ウォーキング」は、代官山をオシャレに歩きたい女の子のためのサイトです
 


八幡通り

八幡通りは代官山のランドマーク「代官山アドレス」と「ラ・フェンテェ」の二つがあります。八幡通りの中心はアドレスの一角。この通りは渋谷駅から代官山駅入口を経由して渋谷駅に戻る循環バス「東急トランセ」が走っているのでこのバスを利用してみるのも面白い。渋谷駅から南平台を通り、静かな目黒区青葉台の住宅地を抜けるデマンドコースは特におすすめ。



八幡通りには若い人向けのショップが点在しています。並木橋から旧山手通りまでの道の両側には個性的なショップが並んでいます。この通りのランドマークは「代官山アドレス」と「ラ・フェンテ」。
並木橋方面には「小川軒」もあり、レストランで食事するのもいいし、おみやげにレーズンサンドもおすすめです。



八幡通りで人気のオープンカフェはこちら。イータリーが展開するイタリアンフードとワインのショッピングがメインのお店で高品質な食材、飲料を購入することができます。ワインの試飲会なども行われるのでホームページでチェックし、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。天気のいい日はオープンカフェでランチをとるのもいいでしょう。



八幡通りからちょっと脇道へ入ると、なつかしい広場を想像させるところに小さなカフェがあります。えっ、こんなところに・・・・と思わせるようなとても親しみやすいカフェです。メイン通りの雑踏をさけてのんびりお茶をするのもいいでしょう。




代官山らしい洗練されたショッピングゾーン「ディセ」はアドレスの一角にあります。「ディセ」はフランス語で“17”の意味。この地が代官山17番地であることから名づけられました。代官山らしいライフスタイルを彩る店舗が集まった“ライフスタイル・ギャラリー”です。


ラ・フェンテ代官山はアドレスのあとにできた複合ショッピングゾーンです。ショッピングにお食事に、雨の日にはもってこいの場所です。地下にはさまざまな種類のレストランがあり、リーズナブルでおいしいお料理を楽しめます。
裏には緑も多くデッキテラスもあってのんびりとくつろげます。定期的にイベントなどもあるのでホームページをチェックしよう。




どことなくニューヨークを思わせる店構え。アメリカの雰囲気のするビルで一階には複数のショップが並んでいます。コーヒーショップやおしゃれ雑貨、オーダーメイド紳士服の「BATAK」バタクもこちらにあります。



Copyright 2004-2011 Office M2 & Associates all rights reserved.